So-net無料ブログ作成

【ご協力のお願い】介護離職に関するインタビュー調査 [介護離職]

放送大学の井出教授と一緒に、介護離職に実態に関する調査を行います。

あまり知られていないですが、現在の介護離職(あるいは介護と仕事の両立)に関する議論や提言は、統計データや簡単なアンケート調査などがもとになっていて、なぜ介護離職に踏み切ったのかプロセスや個別要因の寄与率など、実態に関する詳しい調査がほとんどされていません。
私自身もNHK時代に取材させていただいた方やつながっているNPO・企業の方とお話をさせていただいていますが、今回の実態調査をきっかけに、政策や支援を考えて行く基礎的な資料としていきたいと思いますので、是非お力をお貸しください。

ご協力いただける方、あるいは、該当しそうな方が周囲にいらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。インタビューが可能かなど、個別の事情も配慮させていただきますので、ご協力の可能性の段階でご一報いただければ幸いです。話しにくい内容も含まれると思いますが、プライベートな内容は公開されませんので、ご安心ください。

介護とはたらくことが両立できる社会をつくるために、みなさまの力を貸してください!
よろしくお願いします。


【介護離職に関するインタビュー調査 ご協力のお願い】
 
高齢化が進む中、親などの介護をしながら働く人は全国に240万人。仕事の調整や、介護サービスの選択などに悩む人が増える中、残念ながら、年間10万人が介護を理由に仕事を辞めざるを得ない現状です。
 本調査では、特に介護において負担が大きいとされる認知症の人の介護をテーマに、介護で離職せざるを得なかった方、あるいは、現在、介護と仕事の両立に困難を感じている方を対象に、現状についてのインタビュー調査を実施します。今後、介護と仕事の両立が可能な社会環境に必要な施策や支援の方向性を考える上で、基礎的な資料として役立ていきたいと考えております。
どうぞご協力の程よろしくお願い申し上げます。

  □研究課題名
  「認知症高齢者を介護する家族介護者の離職に関する現状分析とサポートシステムの構築」
  (科学研究費助成事業:平成25〜27年)
  □研究代表者 井出訓(放送大学・教養学部教授)
  □インタビュー実施者 徳田雄人(株式会社スマートエイジング)

  □実施期間 2013年11月〜2014年1月
  □実施時間:1〜2時間
  □実施場所:ご都合のよい場所へ訪問し、実施いたします

<インタビューのご協力をお願いしたい方>
 ● 認知症の方を介護されている方で既に離職された経験のある方
 ● 認知症の方を介護されている方で仕事との両立について困難を感じる方
<インタビュー内容>
 ● 家族構成・労働環境・利用している介護サービス
 ● 介護と仕事の両立に関して感じる困難・必要な支援・施策 など
 ● お話いただいた内容は、秘密を厳守いたします。

【問合せ・連絡先】
 □インタビュー調査に関して;ご協力いただける方は、下記までご連絡ください。
  info@smart-aging.jp(インタビュー調査実施事務局:スマートエイジング)
  090-9101-1878(担当:徳田)
 □調査・研究全般に関して
  〒261-8586 千葉市美浜区若葉2-11放送大学 放送研究等601c 井出訓
  TEL:043−298−4703

介護離職調査 ご協力のお願い.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。